<< 大曲の花火大会 盆栽鉢 >>

木曽駒ケ岳から

8月の前半に、駒ケ岳に登ってきました。 
宝剣岳に廻ろうとするも、もう、よろよろです。 (怖くてね) 
今更ですが・・・ワタクシ すごい高所恐怖症なんですね。。。
なにせ100mの吊り橋渡るの嫌で、一人で谷底に降りてから川をざぶざぶ
横切って、また山登って 向こう岸でみんなと合流したり(呆々
サスペンス劇場のクライマックスで、犯人が断崖絶壁に追いつめられて
逃げ場が無い! 
なんてテレビでみてるだけで足がじんじんしてきちゃいます。
あ、こないだ 嫌々行ったスカイツリーの上の方で、中学生のガキが 
ガラス張りの床板を、ふざけてドンドン飛び跳ねてるの見た時は
下界に降りたら 埋めてやろうとおもいましたよ。
とまあ、こんな感じなので、酸欠で具合が悪くなった友だちを
介抱するフリして、よろよろと2人で先に下山してきちゃいました。
下山家(げざんか)としてのジッセキが、これでまた一つ
増えたとゆうものです。
f0229169_21492425.jpg

ピーカンで暑いけれども、残っている雪渓の雪を首筋にぴちゃぴちゃ~
夏山の醍醐味ですな!
f0229169_21514058.jpg

チングルマは、花後がすきです。 
稚児が持つかざぐるまに、花後が似ている。
稚児車(チゴグルマ)という由来らしい。
f0229169_2153584.jpg

コイワカガミ。 オオイワカガミよりもかなり小ぶりでかわいい。
花色も、オオイワよりも濃色のような気がする。
f0229169_2153356.jpg


どこかで、わんわん 呼んでいる?
f0229169_21543678.jpg

いたいた、一人でさみしかったんだね~ 
少し遊ぼうね♪
f0229169_2243062.jpg

by rienzo | 2012-08-21 23:29 | 山々 | Comments(6)
Commented by とん at 2012-08-22 12:56 x
え--っ! そうだったんですか!
あんなに元気そうなのに剣のてっぺんに行かないなんて
おかしいと思ったんです。 思い起こせば 絶壁は遠慮がちでしたもんね?
また、ご一緒できたらと思います。
Commented by こけもも at 2012-08-22 15:25 x
こちらのブログ、初コメです ^^
いつもの板と違って・・・こう・・・オサレ系の 
郊外の奥さまみたいざます?

とんさんと同じく ビックリ仰天ざ~ます。
屈みこんでるジャンコさんを休み休み しながら降りて行った
りえんぞうちゃんたちの後ろ姿を見て、
なんて友達思いの良い人なんざましょ、と感心してたんざますのよ。
でも、これ幸いと一緒に降りてっちゃったんざますのね?
Commented by rienzo at 2012-08-22 20:12
とんさんへ、とてもじゃないけれど、槍の先みたいな剣にちょこんと
乗ったとたんに気絶しちゃうわ!
見晴らしが良いのはだいじょぶなんだけど、断崖とか、絶壁はね~
ぜひ、どこか一緒にいきましょう。 (絶壁以外ね)

Commented by rienzo at 2012-08-22 20:32
こけももさんへ

いらっしゃ~い♪
ざ~ますの使い方が、ナッテないわね。
これ幸い。 なんて人聞きのわるい事を言うんざます?
そりゃ~もう~ ジャンコがしんぱいでしんぱいで~
ジャンコに、一人で大丈夫?と聞いたら 『一緒におりて!』 と
理想的な返事をしてくれたので、
堂々降りてきたんざ~ますの ざますのよ。
Commented by myungchan at 2012-09-14 09:05
rienzo さん、おはようございます^^
一番上の写真私が生まれた苦境と似ています。
空気の美味しさがここまで伝えてきますよ♪
うん~美味しい~(笑)
こんな暑いのに見るだけで涼しいです^^
Commented by rienzo at 2012-09-15 13:41
ミョンちゃんへ

えっ!  ミョンちゃん 
こんなに自然がいっぱいのところで育ったのね。
どうりで、ナチュラルな生活が身についてると思ったわ~
次の日の記事で、花火の下2枚の写真も韓国の民家の軒先のような
気がしませんか? もっと丸いあの壺、なんて言ったかしら?
韓国ではいっぱいあるでしょう? 先日山梨に行ったらミョンちゃんの
故郷から移り住んだ方が お庭にいっぱい壺を置いてました。

マラソン 頑張ってますか~ まだまだ暑そうだけど
そろそろレースの季節になってきたね♪
<< 大曲の花火大会 盆栽鉢 >>