ブログトップ | ログイン

りえんぞうのあれやこれや・・・

rienzo.exblog.jp

花開く江戸の園芸展へ~

盆栽教室の帰りに大宮盆栽美術館へhaniwaさんといってきました。
清香園の六角堂柳
f0229169_2125534.jpg


浮世絵が一枚だけみれて、あっ!そうだ~、来週は江戸東京博物館へ
行こうとゆうことになり・・・ 行ってきました。 両国へ~
haniwaさんと、年に数回は日本画をみる機会があって、この植物は
なんだろう~?とか、なに食べてるんだろう~? とか、
ぺちゃくちゃと、うるさい二人なのだ。
f0229169_22523421.jpg


りえんぞうは、浮世絵大好きなのよん♪
二人で、もうこの時代にサボテンとソテツがあるんだ~と、感心しきり。
しかも、ミニミニジョーロで五葉松に水やりしてるところ。
f0229169_22542870.jpg


このオネーサンは、房楊枝いわゆる歯ブラシを逆さにくわえて
左手に歯磨き粉、右手に細かい粒子の文様が散りばめられた
変化朝顔を右手にお世話をしてしているようす。
夏の朝の水やりは大変だぁ~
f0229169_22551438.jpg


このオネーサンは、竹製ジョーロで水やりです。
上段・・・二葉葵・福寿草
中断・・・冬牡丹・藤袴・芙蓉
下段・・・太藺・蕗  フが付く7種類の植物が描かれている
有卦絵(うけえ)と呼ばれる縁起物だそーです。
陰陽道で、幸運の有卦の7年間に突入した人には、この7種類の
植物とかをあげるそうな。
f0229169_2255364.jpg


夜の縁日に来てる、八代目市川団十郎
haniwaさんと根巻にしてるのは、芙蓉か、はたまた
ハイビスカスか?で議論沸騰。この時代にはオランダから
いっぱい入ってきてるから、やっぱ、ハイビスカスか?
結局、フツーに芙蓉とゆうことで一件落着。 フツーだな~
こんな風に、あり得ないだろうとゆう想像・妄想を膨らませて
見ていくと楽しい♪ 地面には、カットされた芝が。 今の時代と同じね~
f0229169_22572445.jpg


三代目岩井粂三郎も縁日好きよん~
シュウメイギク・キキョウやら・・・
この頃の鉢を見ると、藍色を施した模様は、当時とてもお洒落な
鉢だったらしい。 そして、ほとんどが深鉢。明治に入った頃の文献をみると
盆栽とゆう様式にこだわる植物は浅い鉢に植わってる。
当時は、まだバランスとかあまり意識してなかったんだ!
f0229169_22573971.jpg


こうして、天秤にぶら下げて町を売り歩いてたんだね。
f0229169_22582586.jpg


たぶん、明治時代の植木売り屋さん。
f0229169_22584551.jpg


越後屋、今の三越だね。 お正月は二日からの賑わい。
f0229169_22592893.jpg


プランツ・ハンターのロバート・フォーチュンが日本から
持ち出したアオキの雄株。
当時のヨーロッパには、雌株しかなかったので結実は
見れなかったので、日本で初めてアオキの実を見れたらしい♪
f0229169_2301632.jpg


斑入りの植物は数百種類もあったんだってさ。 すごいね。
f0229169_230526.jpg


植物の種類やらはけっこう品種があって、珍しいのがあると
あっちこっちと探し回るガーデナーも多かったみたい。
浮世絵などには、ひと目見て解りやすいようにオーソドックスな
植物がえがかれてます~
そうよね、変化朝顔とか昔からあるもんね。

昨年、アサガオの会の方から、貴重な種を頂きました。
どれだけ変化するのか分からないから、各種を少しずつ
10年位かけて蒔いてください。とのこと。
忘れてました、来年こそ蒔くわ。。。
f0229169_2311095.jpg


約、200年前の接ぎ木の解説。 とても勉強になりますな。
f0229169_2314437.jpg


当時は、まだバラは少ないといいつつ、60種類はあった
外国からやってきたカタログよん。
f0229169_232979.jpg


常設展にも行ってみる。
f0229169_2342545.jpg


とって気になる江戸時代♪
りえんぞうが、なんで江戸時代に行きたいかっていうと
落語とか謡曲聴いたり、歌舞伎にもでてくるんだけど、
この時代は、お昼まで仕事してれば食べていけるとゆう
なんとも羨ましい生活ぶりなのよ。
役人の毎月の勤務日数は、なんと。6~10日!
あぁ~江戸時代にいきたい!!!!!
f0229169_234565.jpg


もう一つ気になるのは 当時の日本酒を呑んでみたい!
水質が良かったから美味かった。 製法が進んでなかったから
フツーのお酒しか無かったとか、諸説がイロイロあるのよね~(悩
これ、時代劇によく出てくる、お酒買いにいく時持ってくやつね?
貧乏徳利っていうんだって。 なるほどね~
f0229169_2361924.jpg


大奥総取締のhaniwaさまのお出かけでごじゃいます。
f0229169_2353332.jpg


合間に、ワークショップで団扇をこしらえてきました。
f0229169_2365645.jpg




      朝 11:00過ぎに入って、7:00頃までいました。
      40~60分の見学時間と書いてあったけれど
      私たちは、ほぼ一日中浮世絵見ながら喋くってました。
      クーラーが効いてる室内で一日過ごすのも
      なかなか楽しいもの♪ 
by rienzo | 2013-08-27 15:55 | おでかけ | Comments(10)
Commented by アンジェラ at 2013-08-27 22:48 x
こんばんは~
江戸東京博物館のこれ、夫からチラシを見せられ、何回も誘われました。
でも、長野の暑さでもしんどいのに東京へ行く気になれず、断りました。
先週、夫は一人で行ってきて(これがメインの用事じゃなかったけど)まさしく、3枚目の写真の絵葉書をお土産に買ってきて、「こんな小さなジョウロで水遣りやってるよ。」なんて説明したりして、、、
まさか、りえんぞうさんとhaniwaさんも行かれてたとは!!
お二人、本当にフットワークいいですね。
Commented by May at 2013-08-27 23:12 x
江戸東京博物館に明日行って来ます~
りえんぞうさんのところで予習できたし楽しそう~
パンフレットの下二枚目の女性は髪が乱れていて親近感わきます~^^
Commented by rienzo at 2013-08-28 01:16
アンジェラさん、行ってくればよかったのにい~
撮影禁止なので、解説書と持ってた本からの抜粋だから綺麗に写って無いけど、本物見ると着物の
着こなしや色の合わせなど、溜め息ですぅ~
この時代でも植物の種類は相当数らしく、珍しいお花を探して植えるのが大流行だったそう。
季節感を出すのに、誰でも分かる植物を描く方が
理解しやすい浮世絵になるとか… 実は数々の珍品がすでに存在して、集めるのが大好きな…………
そう、アンジェラさんと、私たちじゃぁないですか!(笑













来年お正月明けにも、浮世絵展やりますから

今度はみにきてね? 猫ばかりの浮世絵も可愛いよ
Commented by rienzo at 2013-08-28 01:25
Mayさん、明日いきますか~
立派な本の解説書、出口付近で売ってるから
先に出口方向で買ってから入場をお奨めします。もっと早く行かれるのが解ってれば、りえんぞうが持ってるお奨め本も貸してあげれたんだけど、… もし行く途中で、途中下車できれば、駅で渡せるよ~。 とにかく、着物が綺麗なのよ。


Commented by あけ at 2013-08-29 20:51 x
江戸時代かぁ~
あけの場合、お城に住んでるとは思えないから、
多分、町民・・・・・・・
仕事は二八蕎麦の屋台やってたりするんじゃないかしら?
りえんぞうさんはねぇ~
茶店で団子売ってそうよぉ~!!
Commented by ぽん吉 at 2013-08-29 23:13 x
江戸庶民の生き生きしたおおらかさが伝わってきます~
以前江戸の朝顔を知る機会があって、物凄い種類があって驚いた事がありました。(なんか黄色とか黒もあったとか・・・?)

それに浮世絵の着物&浴衣も素敵ですね。
芙蓉柄かハイビスカス柄かの所では、この当時ハイビスカスがあったとは知りませんでした。
蜘蛛や蝙蝠、蛸・天使(キューピット)なんて柄もありましたからハイビスカスもありかも・・・ですよ(^^)

江戸時代のアルバイト?で蚊に刺される係り?みたいのがあったそうですよ。
夏の縁台で将棋をさしている時に蚊に刺されるのを避けるため刺され役を雇ったって話です。
効果のほどはわかりませんが何とも笑える話ですね(爆)
Commented by rienzo at 2013-08-30 20:07
あけさん~、わかんないわよ~
あけさん、町娘の格好が似合いそうだから 山梨のお蕎麦屋さんの看板娘の時、素朴で明るい性格を殿様に見染められてあけの方様として側室で大奥に入ってゆくの。、美しすぎる正室として名高い、御台所の
りえの方様は、側室が気に入らないんだけれど、あけの方様は
蕎麦打ちが得意だもんだから、ついつい蕎麦を御馳走になってく内に
ぶくぶくデブになっちゃって、殿様にそっぽを向かれちゃうのよ。
あけの方様の陰謀にやっと気付いたりえの方様は、お庭好きな殿さま用に江戸城の中にお庭も見れるカフェをオープンして団子とか置くんだけれど ここでまた、バラが無いってどーゆー事???って
ガーデン評論家として、あけの方様が茶々をいれるのよ。
(妄想がすごいことに・・・・)
大奥総取締役のhaniwaさんも仲裁に入るんだけれど、
美しすぎるりえの方様V.S蕎麦打ちのあけの方様・・・ 
なかなか いいと思うのよ。。。
Commented by rienzo at 2013-08-30 21:55
ぽん吉さん、蚊に刺されるバイトとか あったんだ~
代わりにいっぱい食べれるバイトあったらいいのに(笑
朝顔の種類もすごいですよね? 当時のお殿様がアジアとかにも
使節団を送って、ハイビスカスも入ってきたそーです。
着物の絵柄も素敵だけど、そうそう 大の猫好きで有名な歌川国芳の
絵には、キンちゃんやモモちゃんにそっくりなにゃんこがいっぱい
描かれてます。 この人、風景画とか少しでも隙間があると
猫の絵を入れちゃうんだって(笑
それに、一度行ってみたい江戸時代! きっと、ぽん吉さんちの
モモちゃん達が江戸の町を見回りしてるんだろうな~
私とぽん吉さんは、貧乏徳利に入れて買ってきたお酒で
宴会ばかりやってるようね気がするわ♪
Commented by あけ at 2013-08-31 19:01 x
殿様を取り合うとすると、殿様の配役が大事よねぇ~
松平健じゃ気合いが入らないし・・・・・・・
みっちーって感じじゃないしぃ~
悩むわぁ~(一緒に妄想に浸ってるかも)
Commented by rienzo at 2013-09-02 19:03
あけさん、健さんだとさ~、派手な衣装でサンバ踊るのよ。
もしかしたら、私達も付き合わなくっちゃいけないかも。
しかも、リオのカーニバルみたいな水着姿よ! 逮捕されちゃうわ~
みっちー いいじゃない! 半沢で葉巻吸ってるのが似合わないけれど
唇がかわいい♪ やっぱ、殿様は王子様タイプじゃないとね~
<< 宿り木さんのスワッグ SOLSO FARMへ~ >>